Home
About Us Import and Export Your Car Repair Your Car Restore Classic Car Used Cars for sale Rally Service MAP
ラリーサービス
ラリーサービス

2007 ラリー・ニュージーランド参戦レポート
●8月26日(レースまであと4日)
 
今回は日本のアライモータースポーツの要請により
PWRCの鎌田卓磨選手、中嶋選手、難波選手の計3台の
メンテナンスをプロリンクス3人プラス4人ですること
となりました。
 
今日は明日のPWRCの合同テストの準備です。
新井選手、鎌田選手の車輌のチェック、車高、
アライメント調整等を行い夜8時に終了。
明日に備えます。
 
●8月27日(レースまであと3日)
 
朝6時起床、雨が降っています。
サービスパークから約80キロ離れたテストコースに移動です。
 
現地到着9時、約15台(PWRC)のテストです。 今日は朝から雨なのでRAIN用のタイヤのいいテスト機会です。
その他サスペンション、空気圧等のcheck 新井選手はトランスミッションを2回交換、鎌田選手は何事もなく4時まで テストをこなし、サービスパークに戻り、車輌洗浄、積み卸を終え、8時終了。
明日は各部のcheck、調整を行い、車検に備えます。
●8月28日(レースまであと2日)
 
7時起床、昨夜はひどく雨が降っていたのでコース内が不安ですが
レッキ(コースの視察及び試乗)が今日の朝から始まりました。
 
今日は昨日のTESTで不具合があった箇所を直していきます。
朝8時から始めましたが、夜遅くまでかかりました。
明日は最終のチェックと車検が夜8時からあります。
●8月29日(レース前日)
 
7時起床、雨はおさまってます。
今日はTESTで変更があった場所の交換、清掃、アライメント調整です。
夜の8時半から新井選手、鎌田選手、他2台、計4台の車検なのでスペアターボ、
トランスミッションの準備、皆ピリピリしてきました。
 
8時からの車検なので7時に早めのDinner(fish & Chips)を暖かいE/Gの上で 頂きました(写真左)。夜は冷え込んできています。
 
PS:車、タイヤ、スペアを積んだコンテナはギリシャから到着しました。
40ftの中はパーツ等でぎっしりです(写真右)。
 
明日はシェイクダウンと5時から、いよいよセレモニアルスタートです。
●8月30日(Day 1)
 
7時起床、雨は小降りです。
気温は低く8度ぐらいに感じます、今日はオフィシャルシェイクダウンが10時からあり選手も
緊張しています、メカニックも万全の状態にすべく走り回っています。
 
写真左上の2台は中嶋選手、難波選手の車で、プロリンクスのスタッフ2名を含む計4人で2台を
整備していますのでこちらも大忙しです。
タイヤはグルーバーと言う機械を使って 雨に備えて溝を増やしグリップを上げて運転を
しやすくするものです(写真左下)。
ほとんどのチームが独自のデザインを考えドライ、ウエットで変えています。
 
夕方5時半までに車輌をハミルトン市内車輌保管に入れて、7時からセレモニアル
スタートが始まりました(写真右下)。雨にもかかわらず沢山の観客が来ていました。
明日の朝からいよいよラリーが始まります、何事もなく4台完走できるよう
スタッフ皆がんばります!
●8月31日(Leg 1)
 
今日は5本のSS(スーパースペシャルステージ)があります。
朝5時起床、サービスパークに向かいます、雨の情報もありますのでタイヤ選択は慎重です。
 
新井、鎌田選手共タイヤをグルービングしてサービスを出て行きました。
SS1の残り2キロ付近で鎌田選手が停まっているとの情報、道路横に落ちてしまったようです。
これもラリーなのでしょうがありません。新井選手はSS1トップタイムです!
 
中嶋、難波選手ともに何事もなく走っているようです。
SS4、新井選手、パンクの為4位から11位に転落。
 
夜の45分のサービスに帰ってきました。
写真(中央)にある、アライメントゲージに車輌を載せ修正していきます
隣の中東のチームはショック、ブレーキ全て新品で交換していました。
この写真(下)の1セットで約80万です、と言うとx4で320万!
 
 
 
 
 
 
 
明日はLEG2. また明日、サービスパークでアップします。
●9月1日(Leg 2)
 
5時起床、今日はSS6から11間での6本のステージがあります。
最初のサービスは昨日と同じ10分なのでタイヤ交換と車輌清掃がメインです。
サービスパークは晴れていますが、ステージ内では雨が降っているらしくタイヤエンジニアとドライバー、マネージャーでタイヤ選択、カットを決めてSS6から9までの間走りきります。
気温が低いので柔らかいタイヤがいいのですが距離がもたないので、一概にやわらかいタイヤがいいとは言えません。
 
新井選手等のPWRC選手は1ラリー30本という制限があるので、場合によっては最後までタイヤがもたない場合もあるのです。
次のサービスが13時10分からなので、空いている時間にLunchを取ります。
私たちチームはPWRCサポートを受けているので、パーク内にある専用レストランで朝、昼、夕食が頂けます、ちょっとしたレストランよりおいしく飲み物、デザートも自由です。
昼を過ぎたころに、難波選手から連絡あり、コースアウトしたが何とか観客に押してもらって復帰したとの事、ダメージはかなりあるらしく緊迫してきました。
次のサービスは30分しかないので、どれぐらい修理できるか分かりませんがやるしかありません。ラジエーター、左右ライト 、右フロントドア、バンパー、ボンネット等の部品を用意しますが、30分ではできることが限られるので何ともいえません。
 
車が入ってきました。かなりのダメージの様です。
ラジエーター、ライト、ドアの交換を5人でこなします。さながら戦場の様です。ドアはガラスが割れているのでドアごと交換。フロントのタイヤ2本交換。その後アライメントを計り、調整、約35分で何とか終わりました。
修理後、ナビゲーターと話しましたが、コースアウトして車輌は1回転して元に戻り、そのままエンジンをかけて走ってきたそうですから、ラッキーでした。
あまりに忙しく写真が取れませんでした。スミマセン!
もう1台の中嶋選手は何事もなく走っています。
 
新井選手のチームは夜の45分のサービスで明日に備えトランスミッションを交換します。
朝スタート時は11位夕方には4位まで上がってきました!
明日がヤマ場です7時40分スタート、新井選手は3分36秒あった開きを1分まで詰めてきました。このまま行けば、逆転なるか!?見ものです。
 
●9月2日(Leg 3 最終日)
 
今日も7本のステージがあります、新井選手の計算では1分の開きは何とかでそうとの事、期待がかかります、昨日、転倒した難波選手は何とか完走してもらいたいです。
 
10分のサービスを終え、今日はラグランにあるリモートサービスまで移動しなくてはなりません。
今回はSUBARU NEW ZEALANDより新車のレガシー4台、スポンサーで使わせて頂いています。
レガシー2台、バン1台の3台、11人でラグランまで移動です。
 
ラグランでのサービスが今回の最後の修理となりますが、色々な決まりがあり15分しかありません。交換できる部品は今日の朝サービスを出る際に車の中に積んでおかなければならず、その他は交換できません。
 
新井選手、中嶋選手、難波選手無事終わりましてHamiltonのサービスに戻ります。
最後のステージはサービスパークの周りにできた特設コースです。
マネージャーさんから連絡があり、残り1本を残し0.6秒差でトップに立ちました。昨日11位からトップに上がりましたが、なかなかこの様なことはめったにありません。
 
最終SS、特設コース2.13km、始まりました。
なんと新井選手2回車をヒットしながら走りきりました。
ベストタイムで2秒の差を着けて優勝です!
クルー、マネージャーで握手を交わし喜んでいます。
中嶋選手はシード権のない日本人エントリー部門で1位、昨日、横転した難波選手は見事完走です。
 
これからが大変で新井選手の車は再車検で車にレギュレーション違反がないかばらばらにされます。
その間、私たちは他の車輌をコンテナに積み込み荷物の整理です。最後ラリー車を洗浄してコンテナに積み込みが終わったのは夜の10時です。お疲れ様でした。
HOTELに着いてから、祝杯を挙げました。
1週間お店を空けてしまいまして、お客様にはご迷惑をおかけしましたが
お客様の車にフィードバックするべく、望んでいきたいと思います。